読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不眠の原因、サプリやアロマなどの対策についてまとめてみた。

不眠の原因や、対策。役立ちそうなグッズについてまとめました。

体圧分散快眠敷布団【スリープル】

〇商品説明

  • 腰が気になる人へ
  • 同じ姿勢が多い人へ
  • しっかりと寝たい人へ
  • 極上の睡眠をお届けしたいという思いで、開発されました。
  • 弾力性に優れている。
  • 通気性抜群

 

〇口コミ

  • 寝返りがとても楽
  • 起きた時に体の痛いところが無くなった
  • 「良くなった」「改善した」「眠れるようになった」といい結果報告が多い
  • 1週間使ったところで使用感を聞いたところ、ぐっすり眠れるようになった
  • このマットを買ってからは痛みも無くなりった


その腰の悩みに!メガ厚体圧分散・快眠敷布団

 

〇まとめ

柔らかすぎると、ぎゃくに固定され、寝返りができず、腰に負担がかかるそうです。

そう考えると、自分にあった硬さを見つけることができるのが最も大切なのだろうと思います。低反発がはやりましたが、逆にそれが負担ということもあるようなので、自分に合った硬さというのはなかなかみつからあないかもしれませんが、このマットレスを挑戦してみるのもいいかもしれません。

 

 


寝てもとれない疲れの原因はいびき!!?

睡眠の質を悪くする要因は、いびきです。いびきは気道がせまくなりその状態で呼吸をしているときに聞こえる空気の通る音なので、決してよく眠っているわけではないようです。

 

いびきの原因は肥満体質で喉に脂肪がついているため気道をふさいでいるや、睡眠中に口呼吸をしている、飲酒や薬の影響で舌の筋肉が緩みやすくなり、舌が喉の奥に落ち込んでしまうなどがあげられます。

 

いびきをかかない対策として、飲酒をしないや横向きで寝る、鼻呼吸を意識する枕の高さを低くするなどがあります。グッズとしてマウスピースをつけるなどあるようです。

 

不眠の人に!眠りのための快適な入浴法紹介

〇入浴の効果

暖かいお湯にしっかりとつかることで、血管が広がり発汗効果につながります。また、血流がよくなり疲労回復やコリ改善にもつながります。また、半身浴では、身体の芯からあたため、デトックス効果や自律神経の調整に有効だと言われます。

 

〇快適な入浴方法

  • ぬるま湯に20~30分ほど入る
  • 30分~1時間後に睡眠

 

〇ぬるま湯とは

  • 30度から体温くらい
  • 30度から36度
  • 30度から38度

 

*ネットで調べてみると、色々言われていました。30度基準にして、自分がぬるいと感じるくらいと考えていいのかもしれません。

〇睡眠効果のある入浴剤

 ローズ系:香りの中でも揮発性の高いものを選ぶ

 (入浴後、気分の落ち着きやすっきり感を得られるそうです)

 

 クナイプ:ホップ&バレリアンの香りのバスソルト

  ポップ:鎮痛作用やイライラ解消の効果があります。

  バレリアン:精神の安定効果があります。

  Amazon CAPTCHA

 

 薬用入浴剤DRアロマバス正眠

  使用精油

   ラベンダー:鎮静作用、神経を安定させる

   マージョラム:消化促進、鎮静作用

   イランイラン:気持ちを落ち着かせ、血圧を下げる、催淫効果

 

 

〇寝室の環境を整える

  • 照明を暗くする
  • リラックスできる音楽をかけるなど

 

 

 

 

使ってみた。薬用入浴剤DRアロマバス

睡眠にいいというので、薬用入浴剤アロマバスというものを購入し使ってみました。

私は、近所で薬用入浴剤DRアロマバス正眠というものを

購入し、2200円でした。

 

〇商品説明

医師との共同開発により誕生

乾燥や肌荒れが気になる人に。

温浴効果を高める

 

医師との共同開発により誕生した【薬用入浴剤DRアロマバス】

 

〇口コミ

  • 落ち着いたとてもいい香り
  • リラックスできます。
  • ささくれた神経が丸くなり、眠りの方向へ体が向く感覚は確かにある。
    睡眠薬とは違うため、不眠の人間がガーガー寝れるわけではない。

〇使ってみた

薬用というからには、きつい独特のにおいなのかと思いきや、そこまでくせのあるにおいではありませんでした。

中は、白い粉末状で、湯量に合わせた分お風呂に投下。

リラックスできそうなにおいではありましたが、においもそんなに続かず、上記の口コミでも書いたように、不眠の府とががーがー寝られるというわけではありませんでしたが、寝起きはいつもよりすっきりしていたように感じます。

 

アロマテラピーのメカニズムや、快眠にいいアロマ紹介

アロマテラピーのメカニズム

植物由来の香りが脳を刺激し癒しをもたらす

精油のマッサージを行うことで、皮膚からも効果が伝わる

〇快眠アロマ

ラベンダー:リラックス、安眠

オレンジスイート:ぐっすり寝たい

ネロリ:ラベンダー同様

カモミール:リラックス

〇アロマオイルを使った睡眠の質を高める方法

就寝1時間前から部屋を香りでみたす

ゆっくりお風呂に入り体を温める。鎮静効果のある香りを選ぶ。

〇アロマの検定

アロマテラピー検定:

 初級アロマの基礎を身に着ける

アロマテラピーアドバイザー:

 中級アドバイスができる

アロマテラピーインストラクター: 

 上級健康維持への役立てや幅広い利用法を指導できる

アロマブレンドデザイナー:

 様々なシーンや目的に合った香りの創作ができる

不眠症改善に!朝からしゃっきっとするためのサプリメント紹介。

〇商品紹介

  • カフェインなど9つの成分で朝をしゃっきり目覚めさせる
  • 1日3粒で、効率的にセロトニンを摂取
  • ハードカプセルで飲みやすい

 

この文字の部分を御自由に御変更ください

〇口コミ

  • 目覚めがよく毎日すっきり。夜も眠れるようになりました。
  • 他のサプリでは効果なかったのですが、想像以上に効きました。
  • 朝からすっきり目覚められるので重宝しています。
  • 夜ぐっすり眠りたい人におすすめ。

 

〇まとめ

シャッキリを目指すためにはトリプトファンとビタミンB6を一緒に摂取する必要があります。このサプリは両方摂取ができるので、朝の目覚めにいいのかもしれません。